【コピペ可】民泊運営に必要な英語フレーズを実際のメールで全て公開します!

民泊ーメール

こんにちは!
いや~、ネイティブの英語って相変わらず100%は理解できないんですよね。。。話すスピードがですねぇ。まあ、読む分には問題ないですが。

ちなみに、私は民泊を始める前は1年間ロンドンに英語を学びに語学留学に行っていました。

 
その後、日本に帰ってきてから3年間民泊を行うことになるのですが、今回はAirbnbやBooking.comなんかの民泊予約サイトで、実際に私がゲストとのやり取りで使っていたメッセージを使って、民泊運営に必要な基礎英語をご紹介したいと思います。
 
基本的には中学生レベルの英語しか使っていませんのでご安心を。
今から民泊運営を始めようと思われる方は、コピペして使って頂いても構いませんので、どうぞご参考までに!
 
 
 

1.ゲストから予約が入った際に送る、一番初めのお部屋の詳細メール

 
Dear 〇〇,

Thank you for booking my house.

At the first, please check this URL’s gogle map.

And print it out or take a screenshot.

 
・Dear: 親愛なる〇〇
・Thank you for~:~してくれてありがとう
・At the first:まず始めに、
・Print ~ out:~をプリントアウトしてください。
・take a screenshot:スクリーンショットを撮ってください。
 


Address :
TEL:
Google MAP URL:

There’s a yellow post as a landmark in front of the house,
There are 2 entrance doors. But our house’s entrance is next to yellow mail box.
 


・as a landmark:目印として
・next to~:~の横に

 
<About car park>
There is no car park. 

If you come by car, I’ll let you know the cheapest coin car park near the house.So please let me know at the first.
 
 
・About~:~について
・There is no~:~はありません
・If you A, B:もしあなたがAするなら、Bします。仮定法です。
・I’ll let you know~:~について教えてあげます。Letは使役動詞ですね。重要英単語です。
 
<About direction>
This is the YouTube’s URL from JR Tokyo station to our house. 
Youtube URL:


<How to check-in> 


The entrance door is locked basically.
The entrance key is in a post next to the entrance. The post’s key code is 「123」.
Your room is open. The room key is on the table in your room.
 
 
・How to~:~の方法。民泊で何かを説明するときによく使います。
 
<Check in: 15:00~>
You can leave your baggage in the living room before check in.

<Check out: ~10:30>
You can leave your baggage after check out in the living room. And come back to pick it up anytime.
 

・leave~:~を置いておく。この場合は荷物を部屋に置いておいてもいいよ!という文です。
・pick ~ up:~を引き取る。
ここでは、チェックアウト後でも部屋に荷物を置いててもいいし、いつでも荷物をピックアップしていいよ!という文です。
 
 
<WIFI>

ID: buffalo

PW: 123

<Free drinks>
There are free drinks. Coffee, Green tea, English tea. 
 
・PW:パスワード
・There are~:~があります。(複数形)
 
 
◎A hair dryer is in the common room.
◎There are body soap and rinse-in-shampoo in the shower room.

Feel free to ask me any questions.
I’m looking forward to seeing you soon!

Best regards,
Taro

 
・Feel free to~:気軽に~してもらっても構いません。ここでは、気軽にどんな質問をしてもらっても構いません、という文です。

I’m looking forward to ~ing:~するのを楽しみにしています。あなたに会えるのを楽しみにしているよ!とよく使います。

・Best regards,:スタンダードな結びの言葉です。Best wishes, Sincerely,なんかも使います。
 
ここまでが、ゲストから予約を受けた際に一番最初に送るメッセージです。
 



ゲストがチェックインする前日に、当日は何時ごろ家にチェックインされますか?と確認するメッセージ。

 

Dear 〇〇,

Hi! How are you?
I hope your trip is going well.
Btw, could you letting me know what time you’ll come tomorrow?
Thank you.

Best regards,
Taro

・I hope~、~であることを望みます。ここでは、旅行が上手くいっていればいいのだけど。という文です。
・Btw(By the way):ところで。頭の文字を取って、Btwとよく略します。
・Could you letting me know~:~を教えてもらってもいいでしょうか?Could you~は結構丁寧な表現です。
 

ゲストがチェックアウトした後に送る、ありがとうのメッセージを紹介します。

 

Dear 〇〇,

Thank you for staying our house.
Hope it was good to stay!

And if you have opinion of good points and bad points, please let me know in the review.
It would be very helpful for us to make here better.
I appreciate you a lot.
Have a nice day!

Best regards,
Taro

 
・Hope it was good to stay! :良い滞在だったと良いですが。
・make ~ better:~を改善する。ここでは、あなたの口コミは私のお家を改善するのに凄く助かる、という文です。
・I appreciate you a lot.:あなたにとても感謝します。
 
民泊ホストとゲストさんとのメッセージの基本は以上です。
いかがだったでしょうか?現在完了形や過去分詞形といった難しい英語は一切使っていません。
 



翻訳サービス

民泊も始めようと思っているけど実際に英語に不安がある、という方に無料で使える翻訳サービスの使い方を紹介します。
 
1.Google翻訳:日本語→英語、英語→日本語
2.アルクの英辞郎:キーワードを検索し、微妙なニュアンスを確認。
3.Ginger Page:英文チェッカーで文法や文脈をチェック
 

1.Google翻訳:日本語→英語、英語→日本語

 
Google翻訳を使うメリットとして、翻訳精度が非常に高いことが挙げられます。
また、スマホのアプリで使う場合は、音声入力や画像認識が使えるので凄く便利ですね。

民泊をやっている人はスマホアプリのダウンロードは必須ですね。
ただし、スマホアプリで使う場合に注意しないといけないのは、ブラウザから使う場合と比較して翻訳精度が落ちてしまうということがあります。
 

2.アルクの英辞郎:キーワードを検索し、微妙なニュアンスを確認。

 
アルクの英辞郎では、ゲストから送られてきたメッセージで、Google翻訳では不自然な熟語や決まり文句などを、自然でわかりやすい日本語にする為に用います。
 
また、英語で難しいのが前置詞ですね。英辞郎で自分が使いたい前置詞が入った文章を入力すると、その前置詞を使った例文が出てきますので、自分の伝えたい文章と例文での使い方が合っていればそれは正しい英語だと確認することができます。
 

3.Ginger Page:英文チェッカーで文法や文脈をチェック

ネイティブな英文の添削を無料で利用できます。パソコンとスマホアプリで使うことができます。

Ginger Pageの良い所は文法を添削してくれるのはもちろんですが、似た表現や自然な表現に変換してくれる機能がついているところです。
民泊ホストが英語で文章を書く必要がある場合には必携のサービスです。
 
実際にゲストと対面した時に英語が出てくるか不安、という方の為に翻訳機の紹介もしておきます。
 



 

音声翻訳機ili(イリー)

イリーは見た目もシンプルで2017年度のDood Design Awardにも輝いた商品です。重量も42gと超軽量でどこにでも持ち運べますので、旅行に行くときも便利ですね。
 
メリットとして、インターネット環境下にないオフライン状態でも、最速0.2秒で音声翻訳してくれます。

やっぱりゲストさんと英語でコミュニケーションを取る際に、どれだけタイムラグがなく会話のキャッチボールができるかがキーポイントです。実際、会話の途中の翻訳でインターネットが遅いとかで時間がかかると喋る気が削がれちゃうのも事実です。
 
対応言語は「英語・中国語・韓国語」です。
使い方もいたってシンプルです。
 
1.ボタンを押す。
2.押したままマイクに話しかける。
3.話し終わったら指を話す。
 
バッテリーの持ちですが、リチウムイオンバッテリー搭載で、USB充電を約3時間すると3日間持ちますから、結構良いですね。
 



 

民泊代行サービス

いや、実際に対面やメールでのやり取りはサポートしてもらいたいという方に民泊のメール・電話の代行サービスは民泊長崎.comにて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
 

まとめ

Airbnbなどの民泊サービスで使える英語例文の紹介をいたしましたが、いかがだったでしょうか。
少しでも民泊ホストの皆様のお役に立てればと思います。
それでは、また!
 
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です